農政ジャーナリストの会

  Japan Agricultural Journalists' Association

  -見つめる -考える -伝える
会について  
出版案内
研 究 会
特別研究会  
入会案内  
農業ジャーナリスト賞
会員専用メール
掲 示 板  
リ ン ク
I  F  A  J  
English  
出 版 案 内

 
日本農業の動き 207号  
種は守れるか
 

 
日本農業の動き 206号  
基本法20年と令和の農政
 

 
 
日本農業の動き 205号 
どう生かす 都市農地
 

 
 
日本農業の動き 204号
東京2020大会 食のレガシーをどうつくるか
 

 
 
 
日本農業の動き 203号    
外国人労働力で救われるか、日本農業 
 

 
 
日本農業の動き 202号   
動物たちの命と向き合う獣医師の現在
 

 
 
日本農業の動き 201号  
安倍農政改革を検証する
 

 
200号発刊に寄せて
 
1~132頁
 
 
日本農業の動き 200号  
“減反廃止”後の米需給~
30年問題どう乗り越えるか
 
・・・・・
 
134~239頁(1~105頁)
 
日本農業の動き 200号記念 
目次総覧
私たちは何を学び、伝え、
記録してきたか
 

研 究 会

◆ご注意ください◆
※新新型コロナウイルス感染拡大を考慮し、研究会はオンラインでの開催といたします。ご了承ください
 

オンライン研究会
10月~12月期

「コロナ後のローカル経済」

第1回


日 時:2020年10月12日(月)
  18:00開始(1時間半の予定)

テーマ:「コロナ禍で露呈したグローバル資本主義の限界」

講 師:経済アナリスト、
     独協大学経済学部教授
森永 卓郎 氏


◆参加方法◆
※研究会はzoomで行います。
参加希望の方は申込フォームよりお申し込みください。
研究会参加申込フォーム
前日までに参加方法と招待メール(リンク付き)を返信します。当日は17時半以降に、送られたリンクをクリックして入室してください(ZoomのホームページからミーティングIDとパスコードを入力して入室する方法もあります)。
 

 
非会員の方へ
非会員の方は申し込み後、参加費1,000円を以下に振り込んで下さい。
振り込みが確認でき次第、招待メールを返送いたします。
 

 
振込先
 みずほ銀行丸の内支店
 普通1148228
農政ジャーナリストの会
 

6月~8月期

「新型コロナウイルスと農業・流通現場の対応」

第1回

日 時:2020年6月19日(金)
  18:00開始(約90分の予定)

テーマ:「生産・流通の現場で何が起きているのか

講 師:農林水産省
大臣官房参事官 岩間 浩 氏

第2回

日 時:2020年7月1日(水)
  18:00開始(約2時間の予定)

テーマ:「生産現場への影響と農業の行方を聞く」

講 師:野菜くらぶ
社長 澤浦 彰治 氏
 
    イオンアグリ創造
社長 福永 庸明 氏
 
    PAN HULIC JSC(ベトナム)
 代表 佐藤 和彦 氏

第3回

日 時:2020年7月31日(金)
  18:00開始(1時間半の予定)

テーマ:「消費の現場はどう変わるか」

講 師:ロイヤルホールディングス株式会社
代表取締役会長 菊地 唯夫 氏

第4回


日 時:2020年8月12日(水)
  18:00開始(1時間半の予定)

テーマ:「感染症の時代をどう生きるか」(仮)

講 師:長崎大学熱帯医学研究所
教授 山本 太郎 氏

農業ジャーナリスト賞

第35回農業ジャーナリスト賞

 
静岡新聞社
「サクラエビ異変」
・・・・・
新潟日報社
「上を向いて歩こう~人口減少社会」
・・・・・
NHK青森放送局
ひとモノガタリ「木をつなぐひと」
・・・・・
NHK
「秩父山中 花のあとさき・最終章
~ムツばあさんの歳月~」
・・・・・
【奨励賞】
信越放送
「伊那谷棚田奮闘記」
 

掲 示 板

 

準備中です

 

I F A J

2007年 IFAJ日本大会
メモリアルサイト

 
 IFAJ日本大会2007 
 2007.9.18-9.23
 

 
 
 
 
 
 
 
 

Copyright (C) 2018 JAJA. All Rights Reserved.

〒100-6826 東京都千代田区大手町1-3-1JAビル26階 TEL 03(6269)9772 FAX 03(6269)9773